FC2ブログ

好きという気持ちのエネルギーの大きさ

先日、いただいたメールです。

一部、ご紹介させていただきます。


『まきこ様

ありがとうございます。
「これがずっと好き!」と
言えるようになったのが大きいです。

好きな場所を好きと
好きなものを好きと言えるようになれて
嬉しいです。
本当にありがとうございます』


このご依頼者さまを

Yさんとします。

Yさんは、お若い方で

誰もが悩んだことがあるであろう

将来の進路を考えあぐねておられました。


Yさんは多才で、感覚も鋭く

外からの影響にも敏感で

それ故に、逆に迷い道に入っておられました。

夢メッセージは一貫して

同じ事を伝えてきているのに

Yさんは、若い時にありがちな

目移りする状態になっていました。


そして、Yさんの選択基準が

「他人からの評価」

「他人からの見え方」だったのと

早急に、望む結果を得たいという焦りが

Yさんを空回りさせていました。

それは、ご自分でも十分に理解しているのに

はやる気持ちをコントロールできない。


この時期を体験した方は

多いのではないでしょうか。

私も、かつて経験したことなので

ぐるぐると迷走している状態の

Yさんを見守りながら、ジリジリとしておりました。


そして、長いやり取りの末

ご紹介のメールをいただきました。


「好き」という気持ちは

とてつもないエネルギーを生み出します。

好きなことに没頭している時は

活力に溢れ、表情もイキイキとしています。


好きな人ができた時

どの人もキラキラと輝きます。


好きな仕事をしている時

少々の困難も、気力とパワーで

乗り切っていけます。


好きという気持ちは

持っている力や本人の魅力を

存分に発揮させます。


とくに、若い時って

爆発的に、これを発揮できます。


年齢を重ねると

なかなか、若い時のような

電流が走るような、とか

気持ちが抑えられない、みたいな

「好き!大好き!」という感情は

そうそう生まれません。


じっくり味わうというか

しみじみ味わうというか

包み込むような

柔らかいエネルギーになります。


何かを突破するような

強烈なエネルギーではありません。


それでも、いくつになっても

「好き」という気持ちは

新しい自分を発見できます。

新しい世界を見せてくれます。


まだ若い方であれば

人生の劇的な変化も起こります。


「若いうちは、なんでも挑戦した方がいい」

という、年上の方々の助言を

私も10代20代の頃に、いただきました。


20代の頃の私は

頭がゴチャゴチャしてしまい

目標を1つに絞れなかったことで

結果、1つも達成できていません^^;


そして

「まず、できそうな事から

1つずつ、やっていけばよかったんだ」

と、気づいたのは

もう30代も過ぎ

母親業に追われている時でした。


焦って、あれもこれも、では

何も、自分のものにはできなかった。


若い時は、あれもこれもと

欲張っていいと思います。

そして、積極的に挑戦してほしいです。


けれど、その時は

1つに絞って、集中してほしいです。

同じ系統の目標であれば

1つに集中することによって

もう1つも一緒に

同時進行できるかもしれません。

あるいは、一気に大きな扉が開くかもしれません。


まずは、1つ決めて

そこに、エネルギーを注いでください。

「好き」という気持ちほど

最強の魔法のエネルギーはありません。


もちろん、何歳になっても

夢をもつことも

夢を叶えることも

どんどん、してください。

若い頃のような

激しい情熱はなくても

余分な欲求が減ってきた分

肩の力が抜けて、マイペースに

好きなことに向き合えます。


今回、Yさんが

誰かの評価するものではなく

自分が好きなものを好きと

言えるようになったことは

大きな大きな一歩です。

自分の好きを大切にしてください^^

感受性鋭く、努力家のYさんだから

しっかりと、ご自分の人生を

創っていけます。


















にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村







人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード