FC2ブログ

頼むから、動こう。゚(゚´ω`゚)゚。

おかしなタイトルで、すみません(^。^;)

なぜ、このタイトルなのかと言いますと

私の周囲の人達が慎重すぎて

「みんなー!夢を叶えたいなら動いてー!」

と、叫びたいくらいなのです。


まったく共通しているのは

したい事、できる事が明確にあるのに

リスクばかりを並べ立てて

一歩を踏み出さない。

けれど、もう何年も

「○○やりたいなぁ~」と

ずっと言っているということです。


あるいは、できる事があるのに

「こんなの、まだまだ。 

なにか、他にできそうなことないかなぁ~」

と、ずっと、ずぅ~~~っと言ってます。


最近は、それを聞くとイライラしてきて

「だから!やってみればいいじゃない!!」

と、私が怒り出すという^^;


私の周囲には、物を作るのが好きな人が

けっこうな人数います。

布物、革物、アクセサリー、額装など

みんな、販売できるんじゃない?

というレベルです。


そして、みんな

「こうして、好きな物を作って生活していきたい」

と、思っているのです。

今は、ネットでも販売できるし

各地で、ハンドメイドのイベントもあるし

ツィッターやインスタグラムやブログもあるし

いっくらでも、自分の作品を

見てもらうことができます。


けれど、そう言うと

「この程度、作れる人はいっぱいいる」 とか

「これだけで食べていけない」 とか

「自分には販売するノウハウがない」 とか

「ツィッターとか苦手」 とか

「できない理由」を並べ立てます。


で、何年も話を聞いていると

なぜ、みんな動こうとしないかが見えてきました。

「自分の作品を酷評されたくない」

という気持ちがありました。

丹精込めて作った作品が

低く評価されたくないのと

作品をたくさん作るのも

出店するにもお金がかかります。

他にも、店頭のディスプレイや装飾とか

交通費とか、販売用の袋などの備品とか

諸々の諸経費を使ったのに

赤字だったらイヤだ

数千円くらいの売り上げだったら意味ない

と言うのです。


だから、ツィッターやインスタで

自分の作品を発表していけば

気に入ってくれて

欲しいと言ってくれる人も現れる。

こつこつ作品を作っていって

たくさん完成したら出店して

それを告知したらいいじゃないかと言うのですが

「え~そんなにうまくいくかな~」と返ってきます。


最初から、うまくいかなくてもいいんだ。

最初は売り上げよりも

体験することが大事なんだ

ディスプレイやポップは

私がするから(私は販売員歴長いです)

なんなら、SNSにあげる写真も撮るから。

と言うと、今度は

「気分が乗らないと、作品も作れないしな~」


このやり取りを、振り返れば10年はしています。

この10年で、何かできたんじゃないか?!

SNSくらいはできただろう?!


「もう、○○したいって言わないで。

どうせ、する気ないみたいだし」

と、最近は拒絶するのですが

そうなると

「する気は、めちゃくちゃある!

やりたいし! もう、そろそろ

本当に動かないといけないって焦ってる!」

と、言うのです。 みんなが。

「じゃあ、動けや!!」

と、イライラMAXです(^◇^;)


この方々の共通点は

・ 完璧主義

・ 他者の評価を気にする

・ プライドが高い

結局、何が邪魔してるのかというと

「自信のなさ」 なんですね。

自分が自分にダメ出ししているのです。

傷つきたくないから動かない。


だから、まずはSNSで反応を見たら?

そこで人とも繋がりができるよ

と、言っているのに。

それさえも乗り気でない。


私がイライラするのは

販売できるレベルの方々だからです。


日本人は、自己評価が低いです。

謙遜を美徳だと教育されてきたからです。

褒めるよりも、ダメ出しが

「その人のため」と思っています。


厳しいダメ出しの指導をクリアできないと

世に出してはいけないと思っています。

もう、負のループ。


世に出ている人は

誰になんと言われようと

やりたい!やるんだ!という気持ちがあります。

どんなに酷評されても、好きだからやるという

覚悟があるんですね。


私の周囲の人達もに

その気持ちがあれば

簡単に心の壁を乗り越えられるのに。


頭で考えすぎるから

動けなくなるんです。

行動してから、考えるパターンもあるのです。

行動しないと、わからないこともあるから。


とりあえず、動こう?

あたしゃ、話を聞くのも疲れたよ(T∀T)


みなさんも、10年もの時間を

無駄にするくらいなら

小さくても、1歩を踏み出してください。

10年、止まっているのと

10年、少しずつ前進しているのとでは

10年後の未来が

まったく違ったものになるでしょう。

自戒の念も込めて

書かせていただきました。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




































スポンサーサイト



テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

なおさん♪

おそらく、なおさんの頭には
その中途半端に業界を荒らした
ハンドメイド系の方が
浮かんでいらっしゃるのかなと
思います。

ここに書いている人達は
職人さんをリスペクトしていて
キラキラした世界ほど
裏側はドロドロ模していることは
百も承知の人達です。

現在、6~70歳の職人さん達から
いろんな話を聞いています。

彼女(彼)達も別の世界で、責任を負いながら
下を育てている年齢です。

この年齢の人達の時代は
選ばれた人だけが
自分の好きな事を仕事にしていいと
いう時代でした。
素人が出店できる
ハンドメイドのイベントなど
ありませんでした。

今のように、ハンドメイドのイベントが
盛んになってきたら
今度は、年齢が頭をもたげて
もう、出店するには若くはないと
思っています。

そんな背景があるのです。
職人さんの言葉で諦めて
でも、諦めきらないから
10年も言っているのです。

一度、やってみて
ダメだったら、諦めもつくでしょうし
そういう意味もあって
やってみてはと言っています。

なおさん達プロと
同じステージに上がれとは
言っていません。

記事の書き方が悪かったですね。
なおさんのようなプロの方が見たら
チャラチャラした人達が
軽い気持ちで言っているように感じますね。

私も彼女(彼)らを
誤解されているのが堪らず
長々とコメントしてしまいました。

彼女(彼)らはプロをリスペクトしてますし
一目置いています。
場を荒そうなんて考えていませんので
そこは、ご理解ください。














そうそう

お返事ありがとうございました!

まきこさんが良い人過ぎるんです(笑)

願うことを否定するつもりはないですし、
ハンドメイドを趣味として楽しむのは素敵なことです。
(お友達に材料費程度で譲る、とかなら構わないのでは)

本職がハンドメイド系の人達を苦手とするのは、パクる人があまりに多いから(苦笑)
それと、承認欲求が強い人が多いです。

まきこさんの周りの方達は違うと思いますが(^^;
だからこそ、安易に手を出さない方が良いのかも…

イベントやsnsで、バイヤーや催事屋さんに出会うこともあるでしょう。
そこから大きくなる人もいます。
が、今や業界大手の会社ですら、平気でパクる時代です。
一度取り引きして商品渡したら、次からは勝手に大手が自社製品として生産して売り出す、なんて当たり前の世界です。
取り込み詐欺もウジャウジャいます。

夢をを叶えたら現実になってしまうので、
業界内で被害に遭うくらいなら、夢として楽しんでいるくらいが幸せかも(^^;

色々と使い捨てにされているハンドメイド系の皆さんを、けっこう見ます…

作ったものを販売した時点で商売になるので、知らなかったでは言い訳にならないです。
商売をしてしまえば、本職の世界に入ったということです。

キラキラしている世界ほど、裏側は真っ黒ですからね。。。

なおさん♪

プロの目から見ると、やはり笑ってしまいましたか^^

彼女(彼)らも、現在の仕事で、バリバリやっている方々ですので
世間知らずに、やりたいな~と言っているのではないのです。
逆に、熱心に勉強をし、綿密に調べ
本職としている方に話を聞きに行ったりして
知りすぎてしまったが故の躊躇なんです。

本職の方々が、自分たちのような者を歓迎していないことや
中にある派閥やしがらみを知り
なおさんが仰ったことを言われて
「夢は夢として見ていた方が幸せ」なのだろうかと
なってしまっているのです。

だから私は、ハンドメイドのイベントの出店や
ネット販売でやってみたらいいのではと思っています。
そうすれば、本職の方々の気にも障らないであろうし
もしかしたら、バイヤーの目に止まるという流れになるかもしれませんし
実際、そうやってハンドメイドの催事を卒業した人もいますし。

どうぞ、やりたいと思うことくらいは許してやってください。



思わず

まきこさん、ご無沙汰してます(^^)

読んで、笑ってしまい、思わずコメントしてしまいました(笑)

「やりたい」という気持ちのまま、夢は夢として見ていた方が幸せ、ということもありますよ~。
皆さん、本当に叶えたいんじゃなくて、夢を見ていたいんだと思います。

プロの端くれとして言えば、中途半端に手を出して業界を荒らす人達のほうが余程タチが悪いので(^^;

本職の世界は厳しいです。
もう、それはそれは厳しいですから。
プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード