FC2ブログ

どんな言葉も響かない人

どんな叱咤激励も

助言も受け付けない人がいます。


私の夫のことなのですが(^^;)

結婚して四半世紀を超えました。

その間、たびたび仕事を辞めては

無職になっていました。

無職になって、家でゴロゴロしているので

「仕事は見つかった?」と聞こうものなら

大激怒して

「女が男の仕事に口出しするな!!」

と、暴れたものでした。(仕事もしてないのに?)


今で言う、モラハラ夫、DV夫、です。

プラス、ファザコン、ブラコン。 

自分の母親を憎んでいました。


なんで結婚したのか

なぜ離婚しなかったのか

よく聞かれるんですが

一言では答えられないし

話したとしても

霊的な世界を理解している人じゃないと

理解してもらえないので

愚痴さえも言えなくて

限られた友人にしか話せませんでした。


この夫をサポートすること。

それを通して、私自身が学び成長していく。

というのが、私の今生の

「逃げられない課題」です。

たとえ、この夫と離婚しても

同じタイプと出会い、結婚し

同じ事を繰り返す『宿命』です。
(『運命』は変えられる。『宿命』は変えられない) 

ならば、この夫で課題を済ませて

早く楽になってしまおう、と思って

今に至るのです。


で、私の課題は

おそらくは、終わっているように感じます。

その頃、受けた心身のダメージが

ずいぶんと回復し、楽になってきています。


前置きが、長くなってしまいました。

さて、その夫が

どんな言葉も響かない人なのですが

どういう事かと言いますと

・ 人間不信が酷すぎる。

・ 自分は正しいと思いすぎる。

・ 自分に自信がなさすぎる。

・ こだわりが強すぎる。

・ プライドが高すぎる。

・ 人のせいにしすぎる。

のです。


そのせいで、仕事が長続きしません。

人の悪いところばかりが目につく人で

一度目についたら

その人のことが、どんどん嫌になる。

その人と話してる人のことも

嫌いになる。

やがて、全員の事が嫌いになって

ある日、突然「仕事、辞めたから」

と言って、無職になる。

ある時は、「社長がエラそうだから」

という理由もありました。


最初から、嫌いになるのではなく

最初は、盲目的に「好き」になるのです。

そして、期待値が上がっていって

ある瞬間、気に入らないことを1つ見つけると

そこから、悪いところ探しに転じるのでした。


ターゲットにされた人は

たまったもんじゃありません。

最初から、変わっていませんし

いつも通りに勤務し

いつも通りに過ごしているのに

勝手に興味をもたれて

勝手に粗を探されて(粗でもない)

勝手に嫌いになられて

不機嫌な態度をぶつけられるのです。

どうしたのか?と訊ねても

答えないまま、威圧的なオーラを放つ。

相手は、いい迷惑です。


なぜ聞かれた時に答えないのかと

聞いた事がありました。

「そんなもん、自分で考えろって話や!」

いやいやいやいや。

なぜ、その人が自分で考えないといけないのか。

わからないから聞いているのに。

勝手に嫌いになられているのに。

しかも、後から入ってきた後輩に。


仕事を教えてあげた後輩に

「私、あなた様に何か気に障ることを

してしまったのでしょうか?

申し訳ありません。 気をつけます。

どうぞ機嫌を直してください」

とでも言えと?


相手が怒って、ギクシャクしだすと

「あの会社の人間は、レベルが低い」

などと言って、自分がいるところではない

となって退職。 (居づらくなるのでしょう)


そんな夫に

なんとか仕事をしてもらおうと

気分を盛り上げようと、励ましたり

時には厳しく言ってみたりしたのですが

無理でした。


仕事が見つからない、と焦る夫に

「資格もたくさん持ってるし

きっといいご縁があるから大丈夫よ」

と言えば

「何、おだてて働かそうとしてる!

その手には、乗らんからな!」

と激怒。(その手には乗らんって何?)

「どこに行っても

嫌な人はいるんだから

そういう人とは、仕事と割りきって

適度に距離をとって

仕事のやり取りだけにしたら?」

と言えば

「エラそうに言うな!!」 と激怒。

何も言わずにいると

いつまでも、家でゴロゴロしている。

私や子供に八つ当たりする。

夫が無職の状態で

貯金0で、2人目を出産した時

実家に帰り、シングルマザーになる準備をしていました。

すると、実家までやって来て

土下座して

「仕事を見つけるから帰ってきてくれ」

と言う。 

改心したのかと思いきや

仕事は見つけたものの

毎日、イライラして帰ってきては

怒鳴り散らし、八つ当たり。

「お前らのせいで、俺が我慢して

働かなアカン!」

と喚く。 

そのくせ、私がパートを見つけて

仕事復帰した時は大激怒でした。

「何、勝手に仕事決めてる!?」

え?働くのに夫の許可がいるの?

というか、家計が苦しいから

働くんだけど? 何が気に入らないの?


とりあえず、何もかも気がに入らないのでした。

私たちを養う事も気に入らない。

私が働く事も気に入らない。

結婚した時、私の方が給料が多いことが

気に入らず、仕事を辞めさせられました。

毎日、毎日、毎日、責められて

心身ともにヘトヘトになって

退職に追い込まれました。

私が子供にかかりきりになることも

気に入らない。

それで上の子に八つ当たりをする。

いえ虐待でした。 何度も止めに入りました。

私も殴られたし、それを見た上の子は

ストレスからチック症を発症し

左耳が難聴になりました。

夫を殺してやりたかったです。

でも、私が刑務所に入ってしまえば

子供達が施設に入れられる

それよりも、夫の親に育てられる事は

絶対に嫌だった。 
(夫を見れば、教育などされてないことがわかります)

その気持ちだけで、殺意を抑えていました。


とにかく、超ど田舎で働く場も少なく

当時は、就職氷河期と言われていた時代で

小さな子供がいるというだけで

雇ってはもらえず、求人があると

1人の募集に、応募者が殺到している状況の中

子供を育てるためには

夫に働いてもらわねばなりません。

殺意を抑え、ご機嫌を取りながら

月日を過ごしていました。



下の子も、小学校高学年になった頃

自分の夢解析のメッセージや

ブログをきっかけに知り合った

スピリチュアル系の人たちと

実際に会うようになって

夫との出会いや結婚が

宿命であることに気づき始め

それまで、子供を守り育てることに

集中していた私は

夫の抱える闇に、目を向けるようになりました。


夫を救いたい、などという

高尚な気持ちからではありません。

スピリチュアル方面からの興味と

夫のそばにいることが苦痛だったので

抜け出す道を探そうという

思いからです(^◇^;)

ここから、夫へのスピリチュアル実験?を

スタートさせました。 


長くなったので、今日はここまで。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキング

































 




















スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード