FC2ブログ

新しいスタイルが生まれる

なかなか、記事が書けないでいるうちに

日本大学の、アメリカンフットボール部の

悪質タックル問題の報道も見かけなくなりました。


この報道を聞いて、個人的なトラウマを思い出したり

この学生は、まるで自分だ!と感じた人は

この国に大勢いたことと思われます。

私自身、『左手の中指の怪我からのメッセージ』

に書いた状況を思い出しました。


この事件は、今の日本のあちこちで

当たり前に起こっている社会のモデルケースで

多くの人が、当該学生の立場を自分に当てはめました。

被害学生にも、加害者にされた学生にも

同情を禁じえませんでした。


監督やコーチに

追い詰められていたとはいえ

被害学生に、悪質なタックルをしてしまった

加害側の学生の謝罪会見は立派でした。

言い逃れようとして、嘘を重ね

当該学生に責任を押し付ける監督とは違い

自分の名前も顔も、メディアに出して

正直に、当時の自分の心境を語り、謝罪しました。

そんな事をさせた、監督やコーチを責めることもせず

被害学生に謝罪しました。


大人たちの醜い心に追い詰められて

悪質な違反行為を強要されて

反則行為をした後は、号泣していたという彼の

心の傷はいかほどか。

被害学生と同じくらい、気の毒でなりません。


「相手のQBと知り合いなのか」

「関学との定期戦が無くなってもいいだろう」

「相手のQBが怪我をして、秋の試合に出られなかったら得だろう」

と、念押しされたとのこと。 

戦争か!と思いました。 

相手のことなど何も考えず

どんな手を使ってでも勝ちたいだなんて、戦争です。


彼は、しかし大きな役割を担っていたと感じます。

これをきっかけに、監督の独裁が露呈し

裏金工作などの証言も出てきました。

日本大学の体質も明らかになりました。


これを機に、日本大学は自分達の体質を見直し

意識を変えていくべきでしょう。

アメリカンフットボール部は

汚れを一掃すべきでしょう。

その きっかけとなった当該学生は

大きな役割を担っていたと感じます。


この事件は、まるで政治屋さんや

大手企業で起こった事件のように感じました。

最近では、森友学園の改ざん問題で

近畿財務局勤務の、担当職員が

「上司の指示で書き換えさせられ、自分1人の責任にされてしまう」

という内容のメモを残して、自殺しました。


権力者のために、末端に置かれた

大勢の人達が犠牲になってきて

成り立ってきた国ですが

そういった体質が、学生時代から

叩き込まれていくことも、明らかになりました。

日本の運動部は、国の兵士を製造しているという人もいました。

自分で考える事をさせず

上の命令に忠実に動く兵士製造機関です。


こうした、古い組織のあり方が疑問視され

壊され始めています。

体罰やセクハラ、パワハラ、モラハラ、DV、ストーカー

かつては、さほど問題視されていなかったことも

何十年かけて、少しずつ認識が変わってきています。

各方面から、コツコツ壊していけば

ある時、一気に崩れていきます。


壊れた後に、新しいスタイルを創っていけるよう

自分達の中に、しっかりとした自分の核を持ちましょう。

心の声は、誰でも光に沿ったものです。

周囲の悪意ある操作に負けず

自分の心の声を聞けるようになりましょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング













スポンサーサイト

テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード