2017年の忙しさは、2018年の準備

2017年も、残すところ2週間となりましたね。

多くの皆さんは、この1年

忙しかったのではないでしょうか。

そういう私も

母の利き手の開放骨折により

手術の付き添いから始まり

いろんな手続き類に走り回り

母の家事代行を務めたり

母の個人的な雑事を片付けたりと

急に、毎日が慌しく忙しくなりました。

母も、手術、入院

リハビリと忙しくなりました。

リハビリのおかげで

母もできることが増えてきて

12月に入ってからは

母宅への訪問も減ってきたと思ったら

今度は、いきなり息子が

「1人暮らしをする!」と言い出して

どんどん話を進めていったのですが

12月に入り、休みがなくなりました^^;

息子は神社仏閣専門の庭師の卵で

新年に向けて、どこの神社仏閣も

12月中に庭をきれいにします。

休み返上で、毎日 仕事です。

結局、私が手伝う羽目に…。

私だって、年末で

仕事が忙しくなってるんだ~。

母のことで

10月からの疲れも溜まってるんだ~。


結果、今、口唇ヘルペスが花盛りです。

寒くて辛いくせに、冷たい風が気持ちいいので

熱があるのかもしれません(^。^;)

でも、倒れてはいられません。

まだ、字が書けない母の分と

我が家の分の年賀状も作らないと。

息子の引っ越しも手伝わないと。

気合いで乗り切ろうと思います。


今年の忙しさは、新時代の準備です。

2018年から、本格的に始まる

新しい時代に備えての準備になるので

一生懸命に向き合いましょう。


2018年からは

価値観が大きく変わっていくでしょう。

働き方が変わり、お金の価値感が変わり

生き方が変わっていくでしょう。


「人より上」であることが

重要だった人は

意識を変えていく必要があります。

重要なのは、自分が満足しているかどうかです。

人より、お金を持っているかどうかとか

人より、いい生活をしているかどうかとか

人より、上のポジションかどうかとか

そんな基準が、重要ではなくなっていきます。

その基準にしがみついていると

おそらく、空回りしていくでしょう。

それらは、「他人の価値観」に合わせているだけです。


2018年からは

自分を表現していくことが重要になります。

自分の能力や才能を、どうやったら外に向けて

表現していけるか、見せていけるか。

自分の持っている才能を

どうやったら、他者のために役立てられるか。

それによって、自分が満足しているかどうか。

「やらされている」のではなく

「自らが選び、実行していくこと」が

今後の人生を、拓き、拡げていきます。


そこには、「責任」や「リスク」もあります。

他者の価値観に合わせていれば

人生が安全で、安定していた時代は

とうに終わっています。

責任やリスクを避けて

敷かれたレールに乗って

高みに連れていってほしい人には

しんどい時代が始まります。


これからは、リスクを恐れず

自分に挑戦していける人が

満足できる人生を

送ることができるでしょう。


今、身近なところでは

24時間営業を、やめようとしている企業や

意味のない校則を

見直していこうという働きかけや

性別が、男女の2種類だけでなく

いろんな性別があることを

認めようとする働きかけなど

その他、様々な分野で

大勢の人達が、認知され改善されるよう

活動しています。

長く光が当てられなかったけれど

今後、しっかりとスポットが当たるでしょう。

誰もが、人としての尊厳を

尊重される社会になればいいですね。

たった一つの価値観に縛られて

生きにくく感じている人が

本当は、昔から大勢いたはずです。

ようやく、そこに光が当たっていきます。


みなさんも、ご自分の中で

息を殺している存在に

光を当ててみてください。

光を得たその存在は

眩しく光り輝き始め

あなたを、本当の喜びの世界へと

導いてくれるかもしれませんよ^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング






















スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード