FC2ブログ

働き方を変える時に見た夢 1

ここ最近、ご依頼の夢解析のメッセージが

仕事関係のものが多いです。


「過労死」は、海外でも「karoshi」と

そのまま通じる日本語で

外国の方から見ると、異質な状態です。

「過労自殺」も、海外の方達からは

なぜ自殺する前に辞めないのだろう?

と、言われています。

過労死までいかないとしても

毎日の、限界を超える労働によって

体の不調を抱えながら、働いている人が

ほとんどではないでしょうか。


有望な若者が、心身ともに過酷な労働条件により

自殺してしまうことは、本当に悔しく

親御さんの気持ちを思うと、憤りしかありません。

若者の自殺は、世界で1位となっています。


私の友人たちも、癌になってしまった人達が

増えてきました。

共通しているのが、その方たち皆

「長時間労働」「サービス残業」

「休日出勤」を、長く続けているということです。

癌までいかずとも、多くの方が

慢性の体調不良を抱えているのは、当たり前で

原因が不明のものもあります。

休日だって、やってしまわなければいけない

家事や雑事に追われて、ゆっくり休む間もありません。


そんな異常な状態が、当たり前の日本。

休むこと、休憩をとることを

「悪いこと」のように感じさせる、ヘンな国。

企業が変わらないなら

個人が働き方を変えていくべきです。


もう、会社に忠誠を近い

身を削り、心を壊しながら

人生を捧げる働き方をする時代は終わりです。


自分の好きなことを仕事にする。

自分に合った働き方をする。

それは甘えではなく、怠けでもなく

自分に挑戦をさせることであり

自分の世界を、世間に広めることであり

自分の人生を広げることです。


今、ご依頼者の多くの夢メッセージが

仕事に関していることも

それを知らせています。


前置きが長くなりましたが

そんな夢メッセージをもらった 

Oさんの夢をご紹介します。



【夢内容】


同業者の昔の友だちと

山の方にいて、山道を降りながら

出張先の講演会場に向かっています。

ところが、その山道は

はっきりとした道しるべもなく

おおよその見当でしか歩けません。


出張先があると思っていた駅に

ようやく、たどり着くと

目的地は、まだ はるか先にあることがわかり

タクシーに乗らないと、時間に間に合いません。

友だちは「ふざけてるわ!」と怒り出し

タクシーには乗ったものの

開演5分前に迫っているのに

なかなか着く気配がありません。

なぜか、海沿いの景色のいい道を走っているのですが

景色を見る余裕もなく

ただただ、目的地に間に合わないといけない

と、いうことだけしか頭にありません。



解析に続きます。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


























スポンサーサイト

テーマ : 夢メッセージ
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード