ご先祖は護ってくれます

自分の身のまわりで、嫌なことが続いたり

立て続けに家族がケガをしたりすると

「ご先祖が、充分に供養されていないと怒っています」

なんて言う、視えない世界が

視えるという人が言ったりします。


でも、夢解析をしていて

ご先祖に祟られている人には

まだ出会った事がありません。


ご先祖は、いつも子孫を見守ってくれているんだなぁ~と

感じることは多々あります。


一番、近いご先祖様は、祖父母や亡くなった父母です。

たとえ仲の悪かったお姑さんだって

亡くなれば、子孫を見守るご先祖になります。


ごくごく稀~に

ご先祖が、呪いをかけられていて

それが、一族に影響を与えている場合がありますが

呪詛をかけられるのは

国政に関わっていたとか、対立する組織があったような

ご先祖さまがいたとかが、ほとんどです。

でも、だからといって

そういったポジションの、ご先祖様がいて

たとえ、各方面から恨まれたり、憎まれたりしていたとしても

必ずしも、子孫に何かあるなんてこともありません。

戦国時代なんて、呪詛合戦でしたし。


さて、話がそれましたが

夢解析のメッセージの送り主が

祖父母や亡くなった親御さんであることが

時々、あります。

たいてい、ものすごく心配しています。

メッセージをお伝えすると

「それは、たぶん父です」とか

「亡くなった祖父だと思います」と

皆さん、確信を得ます。

具体的なメッセージをくれるのは、父や祖父など男系で

勇気や安らぎに気づかせてくれるのは、母や祖母、女系の

送り主が多いと感じます。(あくまで私個人の感想です)


近しいご先祖は、この世に生きていた頃の経験を

まだ、鮮明に記憶しているので

子どもや孫である、依頼者に

その時、依頼者がぶつかっている壁に対して

的確で現実的なアドバイスやメッセージをくれます。


以前、離婚問題でご依頼に来られた方が

メッセージの送り主に

「何をやっているんだ。情けない」と言われました。

伝えていいものかと、躊躇しましたが

伝えなくてはいけません。

伝えることで扉が開くのが、夢解析です。

気分を害されたらどうしよう、と不安でしたが

その方は

「父です。それは父です」と。

そして、冷静さを取り戻しました。


生きている時と、変わらぬ言葉が届けられることで

子孫に気づきを与えてくれます。


その方は、生前お父さまとは

良い関係を築けなかったとのことでしたが

そんなこと、関係ありません。

親は子供を愛しています。

祖父母や、もっとさかのぼったご先祖たちも

自分たちの子孫を、愛し護ってくれています。


魂だけになると、この世のしがらみや世間体から解放されて

純粋な愛情だけが残ります。

その純粋な愛情だけを送ってくれます。


だから、ご先祖は子孫に祟りません。

100歩譲って、いたとしましょう。

その1人のご先祖が、子孫を呪ったところで

その他の、何千、何万いるご先祖が許しません。

なので、嫌なことが続いても

ご先祖さまを疑ったりしないで下さいね^^;

お仏壇やお墓の前に行けなくても

心の中で、感謝の言葉を伝えたり

嬉しかったことを報告したり、愚痴を聞いてもらったり

気軽に、話しかけてください。

子供に話しかけられて、喜ばない親はいません。

私たちは、みんなご先祖さまたちの「子供」なのですから^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


















スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード