女性が元気な国は良い国

なんとなく、女性が苛立っているように感じる

今日この頃。


ずっと前に見たテレビで

宮崎駿さんが言った言葉が印象的でした。


「子供と女性が元気な国は、良い国だ。

女性が元気な国は発展する」


彼の作品に出てくる女性は

いつも元気に笑っていて、強くて おおらかで

困難にも、どしっと腹を決めて向き合っていきます。

辛いことにも、ワッと泣いたら、次には顔を上げて

前へ進んでいきます。

まさしく、これが女性性です。


子供や女性が元気な国は良い国。

子供や女性が元気な町は、良い町。

子供や女性が元気な家は、良い家庭。

明るい日差しと、穏やかで平和な風景が頭に浮かびます。


ところが最近、女性がイライラしていて

攻撃的になっているように感じる世の中です。

そうなっていても仕方がないように思う

世の中の空気を感じます。


政治屋さん(政治家とは、世の中のために自己犠牲も厭わず

国民の事を考え、働いてくれている人だと考えています。

今のセンセイ方は職業としてやっているだけに感じるので政治屋と思ってます)が

子供をたくさん産んでね。保育所や託児所は増やさないけど。

仕事もして税金納めてね。就業条件は改善しないけど。

少子化は女性がワガママ言って、産まないからだよ?

働かなきゃ~。税金納めてよね~。

子育てなんて、簡単でしょ。仕事しながらでもできるでしょ?

って、すべての問題を

女性に押しつけてきています。


昔のお母さんが、子育てしながら働けたのは

子供が外で遊んでいても、安全な世の中だったからです。

母親が帰ってくるまで

子供たちは、外で遊んで待っていられました。

鍵をかけずに、家にもいられたし

親がいなくても、外には誰かしら大人がいて

困った時は、面倒をみてくれたから

母親は働けたのです。

その当時だって、お母さんたちはクタクタになって

仕事や家事、子育てをしていました。

それでも、まだ健全だったのは

お父さん達も、6時頃には帰って来て

休日には家にいたし

接客業の人だって定休日があったし

お盆やお正月は、どこのお店も閉まっていました。

忙しい生活の中にも、家族といる時間はあったし

季節の行事ごとを楽しむ、心と時間のゆとりがありました。


今は、人々は一年中、仕事に縛られていて

サービス残業も当たり前になっていて

家は、家族が不在がちで

子供たちは、不審者に怯えながら

登下校して、留守番をしています。


人がおおらかに暮らせなくなったため

みんなの目が厳しくなって

大人も子供も、人間関係に、波風を立てないために

細心の気配りをしなければなりません。

ほんとに息が詰まる世の中になりました。


せめて、子供の世界だけでも

思ったことを言えて、思いきり遊べて

ケンカできて、そこから仲直りの方法を学んで

お友達との繋がりが豊かなものになるよう

余裕があるものにしてあげたいものです。


そうなるためには、お母さんたちが安心して

暮らしていける環境が必要です。


女性たちが、なんの心配もなくて

安心して笑って暮らせるようになると

世の中に、ほっとした空気が流れます。

ちょっとくらいのことなら、「まぁいいじゃない」って

許し合える余裕が生まれます。

困った人を見たら、手を差し延べようという

気持ちを持つ人が増えます。

そうなると、子供達も安心して外で遊べるようになり

健全な環境で育っていけます。

お母さん達も安心して働けます。

経済の発展は、政治屋さんたちが望むことでもあるのでは?


2000年に入って、女性性の時代に入り

協調と調和の時代になりました。

16年経ち、女性たちが追い詰められているのは

勝ち取り、一番を争う男性性の時代から

移行している最中のバランスの乱れからです。

男性性の時代の考え方、やり方では

もう、うまく立ち行かないことを

目に見えるように、浮かび上がらせています。


女性、とくにお母さんたちを擁護することが

今、一番大切なことだと感じます。

まずは女性たちが、イライラせずに

思いやりや、やさしさを意識していきましょう。

いつの時代も、女性が大変な役を担わされるのです。

女性には、それができる

強さとおおらかさ、やさしさが備わっています。

腹が立つけど、がんばりましょーo(`・∀・´)ノ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード