FC2ブログ

夢の学びの上級編「肩の力を抜く」こと

夢のメッセージに沿って、懸命に魂の学びをしていくと

やがて 『レベルの高いステージに入ります』 という

メッセージがやってきます。

それは、問題や課題から解放されて

新しい世界が始まるという

喜ばしいことなのですが、たいていの方は怯えます。

これまで、辛かったり苦しかったりを

がんばって耐えて、乗り越えてきたのに

さらに厳しいステージに入るのか! と恐怖します。


でも、安心してください(とにかく明るい安村口調で(笑))

その逆です。


夢のステージを、学校に例えると

辛い、苦しいと感じる段階は

小学校、中学校、高校という感じです。

小学校の算数から、中学校、高校の数学になっていくと

問題が、簡単なものから、どんどん難しく複雑になっていきます。

勉強も、学校が決めたカリキュラム通りに進みます。

眠くても、眠気に打ち勝ち勉強し

体がしんどくても、そこを根性で奮い立たせ勉強し

得意科目より、不得意科目ばかり出されて

合格点を取れ取れと、お尻を叩かれます。

『やらされてる感』が強いのが、小中高の段階です。


これらを、頑張って頑張って乗り越えて、やり遂げて

夢に 「あなたは頑張りました。課題は修了しました」 と

言われて喜んだのも束の間。

すぐに、ほんとにすぐに

「新たなステージに入ります。次はもっと高度なステージになります」

と言われてしまうのです。

その時の、心の底から出る「え~~~~~~っ?!」ほど

悲痛なものはありません(笑)


けれど、安心してください。

小中高と来たら、次は大学です。

小中高と違って、時間割りも、ぎっちぎちに

詰め込まれているわけではありません。

ああしろこうしろと言われるのではなく

与えられた課題に対して

これまでの知識や経験を応用して

難しいながらも

自分が やりやすいように工夫しながら

どこか楽しみながら、わくわくしながら

取り組んでいきます。


そして、この高度なステージに入った人たちの

「課題が修了しました」 と言われた時の反応が

「え?どれが、そうだったんですか?」

「私は何の学びをしたんでしょうか?」

「こんな程度でいいんですか?」

と、面食らいます^^;


苦しくて辛くてしんどいのを乗り越えるだけが

魂を磨くことではありません。

喜びや楽しみを見つけるのも、魂の学びです。

苦しい中で、いかに喜びを見つけ

前に進んでいけるのか、それが高度なステージです。


例えば、スポーツ選手が、たくさんの観衆の前で

最高の結果を求められる時

どれほどのプレッシャーでしょう。恐怖でしょう。

けれど、彼らはプレッシャーを跳ねのけて

素晴らしいプレイ、演技を見せてくれます。


スケーターの羽生くんや浅田真央ちゃんたちが

演技に入る前、音楽を聴いたり、歌を口ずさんでいるのを

テレビで見たことがあります。

そして、大きなプレッシャーに負けずに

素晴らしい成績を残しました。

「高度な技術」とは

「肩の力を抜く」ことです。


どの分野にあっても、緊張状態では失敗しますし萎縮します。

けれど、そこで いかに肩の力を抜けるか

それが、プロや達人たちがしていることです。


肩の力を抜いていると、ほどよい緊張とリラックスした脳の働きで

自分の持っている力が、充分に出せます。

肩の力を抜いている方が、物事がうまく回ったりします。


また「肩の力を抜く学び」をするために

私たちは、自分に縛りをかけているのかもしれません。

その縛りは、肩の力を抜いたら

するりと解けるものです。


暖かい春に向かっています。

冬の寒さで力が入っていた体をほぐして

肩の力を抜く方法を、たくさん見つけましょう^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

テーマ : 夢メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード