FC2ブログ

目標を決めたのにゴールが見えなくなる時

将来設計を立てて、そこへ向けて頑張っている時。

子供の頃からの夢を叶えようと、日々努力している時。

思い描いた自分になろうと、歩き始めたのに

自分の選択が正しかったのか、自信がなくなったり

やり方が間違っているのではないかと、不安になったり

急に、何もかもわからなくなってきて

わーーーーーーーーっ!って叫びたくなる時ってないですか?


そんな時って、焦って混乱したりします。

でも、それは

「ゴールに向かって歩いている証」

でもあります。


「一度も夢を思い描いたことがない」という人は

いないのではないでしょうか。

夢を叶えるのは、山登りに似ている気がします。


夢のゴールが頂上だとしたら

夢を思い描いている時は

遠くから山を眺めている段階です。

夢を叶えようと決心し、歩き始める時は

麓まで行き、いよいよ山中に入る段階です。

最初は、夢に近づく喜びで

ウキウキと歩みを進めていますが

段々と道が細くなったり、険しくなっていったり

日の光が届かなくなって、薄暗くなったり

下り道になっていたり

どこからか獣の鳴き声が聞こえてきたりして

急に不安になってきます。


「この道で、本当に合っているの?」

「私は道を間違えているのではないか?」

と焦っているうちは、まだ良い方で

「そもそも私は何を目指していたっけ?」

と、自分を見失ってしまったら、もうパニックです^^;


けれど、どうして このような状況になるのでしょうか。


このような状態になる時は

「ゴールを焦っている時」です。

早く、ゴールに辿り着きたい。

早く、頂上からの景色を見たい。

と、気持ちばかりが焦っていて

実は、山の麓でウロウロしているだけなのです。

理想ばかり追っていて、現実的な行程が組めていません。

あるいは、夢を叶える道筋に、こだわっているかもしれません。

山頂までのルートが、1つではないように

夢までのルートは1つではありません。


「夢を叶える!」と、決めた時から

守護の存在たちは、夢の成就へ導くため

忙しく動き回ってくれています。

そして、必要なステップを用意してくれます。


けれど、それが面倒くさいものだったり

しんどいものだったり、スマートなものではなかったりして

自分のこだわりを通そうとして

せっかく用意されたものを拒否してしまうと

道に迷います。


目指すものとは、まったく無関係なものに見えても

目の前の課題や状況に、丁寧に向き合っていくと

不思議と、目指すところへ近づいていきます。

一見、まったく無関係なものが

夢や目標への近道になることは

よくあることです。


山に入ってしまうと、山頂が見えなくなってしまうように

目標を決めて、そこに飛び込むと

ゴールは見えなくなります。

けれど、山全体を見ていた時より

確実に山頂に近い所にいるように

確実に、ゴールに近づいているのです。


不安になったり、自信を失いかけたり

パニックになったら、一旦、休憩しましょう。

どこかに腰掛けて、お茶を飲んだり

おやつを食べたりしながら、景色を眺めたり

小鳥のさえずりに耳を傾けたりしながら

気持ちを静めて、もう一度、地図を広げましょう。

そこで、冷静になって全体を俯瞰したり

山頂までのコースを変更してもいいのです。


何事も焦りは禁物。

焦るのは、自分に完璧を強いているからでもあります。

完璧なものなどありません。

また、完璧でないものなどありません。

懸命に生きていれば、すべてが完璧なのものなのです。

それが失敗に見えたとしても

結果的に、それが成功に繋がった、という話もよく聞きます。

私たちは、常に完璧に生きているのですから

それ以上、完璧を求める必要はありません。


懸命に誠実に、でも遊び心を持って

ゴールを目指しましょう。

はっと気づいた時には、目の前にゴールが見えていますよ^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ











スポンサーサイト

テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード