FC2ブログ

母娘で見た火事の夢

今回は、私も初めてのパターンのご依頼でした。

Fさん母娘は、同じ日に同じ夢を見たとのことでした。

それが火事の夢だったものだから

お母さんが、何か危険が迫っているのではないかと

心配されてのご依頼でした。


****************************************


【夢内容】

家が火事になっている。

それは、今の住まいではなく、以前住んでいた家で

夢の中では、そこに住んでいる設定だった。

けっこうな火の大きさで、驚いたが

水をかけて消火した。


【メッセージ】


自分の中にある怒りに向き合いなさい。

理性で抑えこんではいけません。

怒りをしっかりと味わったら、それは過去のことと手放せます。


*******************************************


これまで貯め込んだ怒りが爆発しそうです。

制御不能になった怒りは、あなたを苦境に立たせます。

あなたは、怒りを暴走させることはないでしょう。

その怒りは、あなたの内側をむしばみます。


怒りを味わいなさい。

「私は怒っている!」と、感じ尽くしなさい。

しっかりと味わったら、それは昇華されるでしょう。

昇華された怒りは、あなたの肥やしになることでしょう。

あなたを縛っていた信念から解放してくれるでしょう。


***************************************


お母さんが火事の夢を見た朝

娘さんが起きてきて

「前の家が火事になる夢見ちゃった」と言ったそうです。

「お母さんも見た! でも、消しちゃったけどね」と言うと

「え!私も消した!」 と娘さん。

お互いの夢の内容を聞くと、同じでした。

何か起こるんだろうか…と不安を感じつつも

前の家だから、別に問題ないんじゃないかと思いつつ

ご依頼くださいました。


夢メッセージから

私は、前の家にいた頃、この母娘は

あまり楽しくは過ごしていなかったのではないかと感じたので

「前の住まいでは、どのようにお過ごしでしたか?」と訊ねました。


Fさんは、「怒り」に思い当たりがありました。

簡単に言ってしまうと、そこでの生活が

Fさん母娘には合わなかったのです。

狭い人間関係の中で、そこにいない人の悪口が始まる

仲がいいのかと思えば、皆がお互いに警戒し合いながら

表向きは仲良しを装う。

そんな つき合いをするくらいなら

1人でいた方が気楽だと思っても

子供がいる家庭が少なくて、学校行事などの関係上

つき合わなければいけない。

それは苦痛で苦痛で仕方なかったそうです。

子供のために、と辛抱していたそうですが

その子供である、Fさんの娘さんも同じ思いをしていました。

娘さんも、大人の世界の子供版の中で

自分を殺して、辛抱してつき合っていました。

なにしろ学校では、いちいち登校班ごとに動くからです。

ターゲットにされると、陰湿なイジメが続くのです。

それゆえ、そこでは中学校に上がると

不登校の子供が多く出るそうです。

そのまま社会に出られなくなって

ニートとなる若者が多くいることも

そのまま中年になって、年老いた両親の年金で生活してる人が

驚くほど、たくさんいることも

お母さんは知っていたので、子供を守るために

必死でご近所つき合いや、保護者のつき合いをしていました。


娘さんが5年生になった頃

頭痛を訴えては、学校を休むことが増えていきました。

学校では、活発に過ごしていると担任から聞いていたお母さんは

成長期に入って、体のバランスが崩れるからだろうと思っていましたが

娘さんは、本当は、毎朝 学校に行きたくなくて仕方なかったそうです。

不登校になる前兆でした。


しかし、お父さんの転勤が決まって

一家は引っ越すことになりました。

母娘は、内心 嬉しくて嬉しくて仕方なかったそうです。

そして現在は、引っ越し先は人々がおおらかで優しく

娘さんも頭痛が治り、お母さんも体調が軽くなったとのことです。

抑えていた感情が、体調不良となって表れていたようです。


今は、毎日 楽しく過ごしているのですが

まだ、人を警戒してしまう癖が抜けていないことを

Fさん母娘は自覚していました。

それゆえ母娘とも、知り合った人と仲良くなっていくと

今度は怖くなって、距離を置こうとしてしまうのだそうです。


夢メッセージの「怒り」とは

前の所での、人間関係への怒りだろうと

Fさんたちは確信しました。


しかし、それはもう過去のことです。

せっかくの、今の良好な人間関係を

手放さないでほしいです。


そのためには、前の所で抑えていた負の感情を

「自分はこんな風に思っていたんだ」と自覚し

その怒りを味わい尽くすようにアドバイスしました。


さっそく、Fさん母娘は

前の所で体験した出来事や

個人名を出しての悪口を、思う存分言い合ったそうです(笑)


本来、悪口はいけないこと、みっともないこと、と教わりますが

不条理なことをされて生まれた負の感情を

「人の悪口を言ってはいけない」ということで

抑えつけたり、耳を傾けずにいると

ある日、突然怒りが噴出し、破壊的行動に出てしまうこともあります。

Fさん母娘のように、自分の内側に抑え込みすぎて

体調を崩すこともあります。

それは、やがて精神をも破壊していくかもしれません。


私は、ただ人を傷つけるだけの

無責任な噂話を、不特定多数の人にバラまくことは

人として最低の行為だと思うし

絶対にしてはいけないと思いますが

親しく信頼できる人に

心に渦巻いている負の感情を話して聞いてもらうことは

悪いことだとは思いません。

(聞いてもらったら、「ありがとう!おかげでスッキリした」と

相手の負担を取り除くことも忘れずに)

人間ですから、感情があります。

喜怒哀楽の、『喜』と『楽』しか認めないなんて

不自然ですし、不健全です。

どれも自分の感情。

『怒』と『哀』、『憎』『妬』なども認めてあげてください。

それらは、認めてもらって、よしよしとしてもらえたら

素直に昇華されていくのです。


そういったことを話せる人が近くにいなかったり

1人で何とかしたいならば

紙に思いっきり、自分の感情を書き散らして

破って捨ててしまうという方法も

スッキリできるかと思います。


悪口大会(笑)を終えたFさん母娘は

とてもスッキリして、前の所で起こった出来事を思い出しても

モヤモヤ、イライラ、ムカムカとしなくなったそうです。

前の所の人と、同じ名前の人に出会っても

抵抗を感じなくなったそうです。

モヤモヤの大元を手放したので

自分への、無意識の制限もなくなって

良い人間関係を築いていけることでしょう。


火事の夢を見た時は

自分の心理状況をみつめましょう。

自分の中に怒りがないか点検してください。

自分は怒っている、と知るだけでも

外へ向けての暴走や

自分自身への破壊などの危険は回避されます。

怒りの発散方法を見つけて解放してください。



負の感情も、正しい感情です。

自分にも、他者にもぶつけずにすむように

感情を発散する手段を見つけると

負の感情も人生の肥やしになることを覚えていてください^^




※ご本人の許可を得て、記事にしています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
























スポンサーサイト

テーマ : 夢メッセージ
ジャンル : 心と身体

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード