こんな方法しかなかったのかと いつも思う

6月18日の、大阪北部の地震。

7月6日からの、西日本豪雨。 

地震被災者の方は、地震後の大雨と

その後の猛暑に苦しみ

西日本豪雨の被災者の方々は

豪雨による浸水や土砂災害に襲われ

家を埋め尽くす土砂を撤去し、災害で出た廃棄物を

この猛暑の中で片付けなければならず

家族が犠牲になった方々もいて

その心中を思うと、何を言っても空々しく思えて

本当に言葉もないです。

ただただ、一日でも早く復興し

被災者の方々の、生活基盤が整う事を願うばかりです。


今年の7月は、一つのものごとが終わる月となっています。

一つのプロジェクトが終わるとか

一つの人間関係が終わるとか

古いものを捨てていくなどして

新しいスタートに向けて、整理をしていくのですが

こういう形(自然災害や人災・戦争など)で

何かが失われていくことは

そんな風に捉える事ができません。

「流れに沿っていて、良い方向に向かっていきます」

なんて、思えません。 


何かを終わらせるためには

新しいスタートをするためには

この方法しかありませんでしたか?

と、怒りがこみ上げてきます。


とにかく私たちができることは

すべてを奪われても、痛めつけられても

命がある限り、立ち直っていくしかありません。


とにかく、この暑さでは

体も悪くしてしまいますし、心も折れてしまいます。

体も心も無理をせず、自分を責めたりせずに

自分を労わりながら、乗り越えてください。

何もできませんが

義援金などで応援させていただきます。


被災地以外の皆さまも、この異常な暑さです。

熱中症に気をつけてください。











































スポンサーサイト

テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

大切なことは愛しにくい姿で現れる

正しくは

「大切なことは、愛しにくい姿(形)で表される」

だったかもしれません。

こういった内容の言葉でした。

本か何かに、書いてあった一節だったと思うのですが

それが何かは思い出せません^^;

でも、この言葉は長く

今現在も私の支えになっています。


この一節に出会った時

私は、生きる気力すら

なくなっていた状態の時でした。

誰のことも信用できず

常に、緊張と恐怖と警戒心で身を固めていないと

落とし穴に はまってしまうような環境で

ものごと すべてが

悪い方にしか 行かないような状況でした。

心身ともに、健康ではなく

毎日、鬱々と過ごしていました。

常に、頭痛と首や背中の痛みに襲われていて

毎朝、不快な気持ちで目覚めると

体から根が生えたように

布団から起き上がれない。

そこを気合いで、バリバリバリッ!と

根をはがすように起き上がり

最悪の体調で、一日の責務を

こなす日々でした。


当時の私は、なんで私は

こんな目に遭っているんだろう?と

疑問や腹立ち、激しい怒りや自己憐憫で

いっぱいでした。


そんな時に、目にした一節でした。

「大切なことは、愛しにくい姿(形)で表される」

人は皆、お互いに

相手の悪役をやっているものです。

100%嫌われている人はいません。

あんな性格の悪い人、見たことない!と思っても

その人にも、その人を慕う人がいるものです。


誰もが、親しい仲の人には親切に振舞うし

相性の合わない人とは距離を置きます。

時には、公然と

激しいケンカをすることもあるでしょう。


または、とても好きで

良い関係を築きたいのに

なぜか、おかしな風になって

関係が破綻する場合もあります。

それは、今生では

そういう相性だというだけです。


起こる、不幸にしか見えない出来事や

マイナスにしか感じない人間関係で

私たちの経験値が上がります。

魂が研磨されます。

魂を磨くために

悪役を引き受けてくれる人が

必要になります。


ヒール役をしてくれる人がいるから

プロレスやお芝居が面白くなるように

悪役の人がいるから

強くなれて、洞察力がつき

いろんな事を考えるようになります。

慈悲の心や、本当のやさしさなどを知ることができます。


辛いことや、やりきれない事がある時

「大切なことは、愛しにくい姿で表される」

呪文のように、くり返し つぶやきました。

当時の人間関係や状況から

たくさんの、気づきと学びを得ました。

今も、当時の時の人達には会いたくないし

あそこには戻りたくないけれど

あの環境が、たくさんの大切なことを

私に気づかせてくれました。


あそこがなければ、今の私はいない。

そう思います。

そして、あの時を逃げずに踏ん張って

がんばって、よかったと心から思います。

あんなにキツイ時期はなかったから

その後の楽なこと。

何か起こっても

「あの時に比べたら、全然平気♪」と

思えます。


そう、思えるようになると

会いたいとは思わないし

あの場所に、また行きたいとも思わないけれど

「重要なポイントだった」 と感じます。

当時の体験や人間関係に

心から感謝!とまでは

まだ言えないけれど^^;

「なんか、ありがとう」と思います。


起こる出来事に、怒りや憎しみを感じても

その感情を引き留めないでください。

誰が悪いのか、誰のせいなのか

仕返しをしたい。

相手も同じくらい苦しまないと気がすまない。

そんな思いが、体内に溜まっていき

自分の体調が悪くなります。

相手は、役割を果たしたに過ぎないのです。

相手は、何とも思っていないというのに

体調を崩すのは悔しいです。


一回崩すと、完全に回復するのは

なかなか時間を要します。

その時間を、有意義に過ごす方に使った方が

いいに決まっています。


心が傷つくと、エネルギー漏れが酷くなります。

「今、何か大切な事が起こっているんだ」と思って

客観的に状況を眺めてください。

どこかに、出口があるはずです。

立ち向かうべきなのか、逃げて身を守るべきなのか

知らん顔をして、やり過ごすべきなのか

見えてきます。

どうすべきか、わからない時は

夢に訊ねると教えてくれます。


負のエネルギーに囚われずに

光に向かって、歩いてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング







































テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

苦痛を乗り越えた先にあるもの

生きていく中で

どうしても乗り越えなければいけない

苦手な、あるいは苦痛な問題や課題が

降りかかってくる事が

誰にでも、1度や2度あると思います。


先日、嬉しいご報告をいただきました。

その方は、メールで

「夢解析が、少し先の事を伝えているという意味を

身をもって知りました。

忠告している事も、その通り起こりましたし

「この流れはうまくいっている」という言葉の意味が

現世で利益ある事と勘違いし

何度も投げだそうとした私に

まきこさんは、根気よく丁寧に

わかりやすく教えてくれました。

でも、今ならわかります。

あの辛かった日々や出来事は

私が課題を乗り越える為に

必要な流れだったという事に」

と、書いてくださいました。


夢解析が、少し先の事を伝えているということを

体感して頂けたこと。

「この流れは、うまくいっている」という

真の意味をご理解いただけたことが

たいへん嬉しく、清々しい気持ちになりました。

私は、この体験を、1人でも多くの人にしてほしくて

体験してもらうために

しつこくしつこく解説しております(゚∀゚)


この方をAさんとします。

Aさんの今年初めの夢メッセージは

「取り巻く環境や人間関係が変化する」

「Aさんの世界が広がる。華やかな世界が広がる」

という内容でした。


しかし、それからAさんは

努力するも、人間関係の困難に見舞われます。

Aさんは絶望し、心身ともに疲弊してしまいます。

けれど、私は夢解析から

それは、これまでのパターンから

新しいパターンに移行するための

必要な過程だと確信していました。

だから、私は頑張るよう言い続けました。

Aさんには苦痛だったでしょう。

実際に、心身を疲弊されてましたし

少々、キレておいででした^^;


しかし、私もここで怯むわけには参りません。

だって、ここを抜けたら、一気に楽になることが

夢メッセージから伝わっているんです。

私はAさんの守護に、Aさんが私とのやり取りを切らないよう

頼み続けました。


そして、最初に紹介したメールを頂けました。

心から歓喜しましたよ。

苦しみから逃げずに頑張ったAさん。

苦手な分野に挑む事から、逃げなかったAさん。

遂に、壁を打ち破りました。


その後は、きっと軽やかな展開になるだろうと

思っておりましたら

先日、また嬉しい報告をいただきました。


あの後、これまでの、ご自身の

どちらかというと苦痛が多かった経験が

すべて役立って、希望していた職種と

ご縁が繋がりました。


今年初めの夢メッセージの

「取り巻く環境や人間関係が変化する」

が済んだので、後半は

「Aさんの世界が広がる。華やかな世界が広がる」体験

を、していかれることと思います。


夢が伝えるメッセージを信じてください。

夢の送り主は、夢見者を

必ず幸せに導いてくれます^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング































テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

大きく揺れました

昨日6月18日の、午前7時58分頃

大阪府北部を震源とした

最大震度6弱の地震が起きました。

我が家は、5弱くらいの揺れだったようです。

まだ家にいた娘が、「怖い~っ!!」と

私の所に駆け込んで来ました。


揺れは長く感じましたが

次第に収まってきて、心底ほっとしました。

阪神大震災の時は、揺れが

どんどん大きくなってきて、家が潰れる!と

めちゃくちゃ怖かったです。

当時の住まいは、震源地から50キロも離れていたのに

屋根瓦は落ち、外壁にヒビが入り

重い家具やテレビが、部屋の中を移動していて

襖が全部開いていて、食器棚のお皿は飛び出し粉々でした。


それに比べたら

今回の我が家の被害は全然なくて

写真立てが、棚から落ちていたくらいでした。

揺れが大きくて、怖かったくらいで済んでよかったです。


けれど、震源地周辺では、今現在

4人が亡くなり、ケガ人が300人以上と報道されています。

亡くなった9歳の女の子は、いつもより少し早く家を出たとのこと。

いつもの時間に出ていたなら

被害に遭わなかったかもしれないと思うと無念です。

きちんと基準を守った塀を造ってくれていたら、と憤りを感じます。


震源から、約20数キロ離れた、我が家の地域は

水道も電気もガスも通っていて

支障なく日常生活を送れています。

お米を洗って、ごはんを炊いて

お味噌汁を作りながら

お風呂に入りながら、テレビを見ながら

胸がチクリと痛みます。


電気やガスがつかなくて、断水になっていて

困っている人達を思うと

いつもの日常を送ることに

チクリと罪悪感を感じます。

きっと多くの方が、同じように

チクリと胸が痛くなっていると思います。

東日本大震災の時のZさんのように。
『名前だけの夢』 (Zさんの見た夢)

「何も失っていないから、自分が傷ついたと思うのは、おかしい」

ことなどないのです。 

大きな災害が起こって、犠牲者が出たということを知った時点で

無意識に、心が深く傷ついています。

罪悪感は、ポジティブなエネルギーに変えましょう。

近年、続く大きな震災は

30年以内にやって来ると言われている

南海トラフ地震の前触れと言う専門家もおられます。

今、再び問いかけます。


「この節目を、あなたは どの方向へ向かっていきますか?

 すべては、あなたの考え方次第です」


まだ余震が続きます。まだ、警戒を続けましょう。

最後に、亡くなられた方たちの、ご冥福を心からお祈りいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング











テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

感情を表現する時に間違うこと


夢解析のご依頼者様たちのメッセージに

「自分の感情を、言葉を使って表現しましょう」

というものが、たびたび見られます。


私のところに、ご依頼くださる方は

波風を立てたくなくて、自分さえ我慢すれば…と

自分の意見や思いを抑える方や

子供の頃から、自分を抑えすぎて

自分の感情が、わからなくなっている方が多くおられます。

だからこそ、夢が一生懸命に伝えようとしているのです。


それで、そのメッセージをお伝えすると

みなさん、今まで自分を抑えてきたから

自分の思いや考えや感情を

相手に伝える方法がわからない。

「できません」「無理です」「怖いです」

といった、お返事が返ってきます。


みなさん、「言葉を使って伝える」と聞くと

攻撃的なイメージをもたれるようです。


不条理を受けていて、それから身を守る場合は

私を傷つけることは許さない!と

戦闘態勢でいいのですが

それ以外の、友人関係、身内関係、ご近所関係など

今後も、続けていかなければいけないとか

続けていきたい場合は

攻撃的な口調や態度は

関係を破綻させてしまいます。


自分の意見を言うことや

断ることに慣れていない方は

上手に自分の意志を通す方法が、わからない。

そこには「相手を怒らせたくない」とか

「相手に嫌われたくない」という気持ちが働くからですが

そういった方々が、自分の気持ちを伝えようとすると

力が入ってしまって、自分の思いでいっぱいになって

相手の話を聞く余裕がなく、一方的に自分の意見を言ったり

言葉が強くなったりしてしまいます。

とにかく必死なので、そうなります。


また、1回の話し合いで

自分が思い描いている解決をしようと思ってしまいます。

でも、それは難しいです。

相手にも事情や意見や感情があるので

お互いが歩み寄り、受け入れられる着地点を

見つけるという作業が大事です。


お互いが、感情的になっている場合や

問題が複雑に絡み合っている場合などは

とくに慎重に、時間をかける必要があります。

絡まった糸を、無理に引っ張ると

千切れてしまいます。

絡まった糸をほぐしていくように

根気よく、慎重に進めていきましょう。


感情的になっているなら

時間を置くことも大事です。

客観的に問題が見られるようになって

相手の感情や立場や状況を

冷静に考えられるようになるまでは

距離を置く方がいいでしょう。


私が販売員時代に学んだ

『クレーム対応』が、けっこう日常でも役立ちます。

クレームは、まず話を全部聞きます。

途中で「それは誤解です」「それは違います」などと

口を挟んではいけません。火に油を注ぐことになります。

黙って、相手の言いたいことを全部吐き出してもらいます。

もう言う事がなくなったら、案外、どんな人でも落ち着きます。

すっきりしたところで、謝罪するべきところは謝罪し

それに対して、できることは対応し

できないこと、過剰な要求には

それはできないと毅然とした態度で伝えます。


誤解が生じてのクレームならば、すっきりした後だと

それは誤解である事を、丁寧に説明すれば理解してもらえます。


その時、上からものを言ってもいけないし

へこへこと卑下した態度でもいけません。

相手に寄り添い、こちらに非があれば認め、謝罪し

今後、どうすればいいか、同じステージに立って

お互いにとって、より良い改善策を話し合うという作業を

根気よくしていくことで、最悪の事態を避けることができます。


相手が悪意をもって、何かを企んでいない限り

人は、なるべくケンカを避けたい生き物ですし

これからも、顔を合わせていくなら

尚のこと、丸く収めようと動きます。


身近な人であればあるほど

親だから、兄弟姉妹だから

配偶者だから、自分の子供だからと甘えが出て

お互いが、自分の感情を優先させがちになりますが

それは逆で、近しいからこそ

客観的な視点と、ほど良い距離を保つことが重要です。


もし、これが赤の他人だったら

自分はどう思うだろうか?

そういった態度になるのだろうか?と

想像してみると、案外と他人だったら

腹が立っても、怒りの深追いはしないものです。


「親しき仲にも礼儀あり」

近しいからこそ、客観的に、冷静に

相手の立場を思いやった態度で

糸をほぐしていきましょう。


「感情を言葉で表現する」ことは

「口撃」ではなく

自分の状況や意見や思いを

相手を思いやりながら

冷静に客観的に言葉にして伝えることです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

































テーマ : 人生の流れ
ジャンル : ライフ

プロフィール

まきこ

Author:まきこ
夢の声を通訳しています。
夢を通じて、守護の存在や
天からのメッセージを受けとって
夢見者にお届けしています。

夢解析師
臼井式(西洋式)レイキティーチャー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード